二度目のてんかん発作

_IGP8342.jpg

 

2018年2月26日のお昼頃… 二度目の痙攣発作。

小梅8歳6ヶ月。

 

初めての発作は2013年の5月。 旅行中の車中での出来事でしたので、すぐ病院で見てもらう事ができませんでした。 そのときは全身がぴーんと硬直して動かなくなる発作で、後日病院で診てもらうと「てんかんの疑い」ということで、今後の発作の程度や頻度など経過をみていくことになっていました。

 

あれから4年半、すっかりそんなことも忘れてしまうくらい何事もなく過ごしていたのですが、残念ながら二度目の発作が起きてしまいました。

 

_IGP8344.jpg

 

サークル内で大人しく寝ているはずの小梅が、バタバタバタと陸揚げされた時の魚のような動きを思わせるような音をたてて暴れていることに気づいたわたし。

急いで振り向いて見ると、サークル内のトイレシートの上でぐったりうつぶせで小梅が横たわっていました。 気づいてからの音はほんの2〜3秒間くらい、短かったと思います。 おそらくサークル内を転がり回る音だったのではないかな。 

また暴れるようなことがあるとネットの隙間に足を挟んだりして危ないので、そのままの姿勢を保って抱き上げ外に出し、膝にのせました。 失禁してました。 うつぶせだったので、顔は見えませんでした。

しばらくすると意識が戻ってきたようなので床に静かに寝かせてみると、ふらふらふらと立ち上がり、ゆっくり歩いて部屋のはじっこまでたどり着くと嘔吐しました。 続けて2回。

 

_IGP8345.jpg

 

そういえば、数日前の夜中にも、クレートの中でバタバタと音をたててる事があったかも…。 寝床作りでもしてるのかなと思ってたけど、いつもより激しくやってるな…と感じたのを思い出しました。

お留守番させてたときにも、ドッグフード一粒分や泡状のものを吐いたような形跡も最近見かけました。

 

小梅も落ち着いてきて一応アイコンタクトもできたので、パパとも連絡をとって最近他に気づいたことがないか確認し、自分を落ち着かせるためにも状況をまとめてから、病院へ連絡しました。 「今はもう問題ありませんが、心配でしょうから連れてきてください」と言ってもらえたので、午後の診療時間に連れて行く事になりました。 引越し前からお世話になっている獣医さんなのでバスや電車を乗り継いで2時間かかります。 小梅の身体への負担にならないかと迷うところではありますが。

愛犬の発作というのは、ほんとびっくりして慌てます。 でも慌てちゃいけないの。 発作中も声をかけたり、身体をゆすったりしてはいけないそうです。 

 

_IGP8346.jpg

 

血液検査をして、念のため甲状腺も調べてもらい… 特別な異常が見つからなかったので、「てんかんの疑い」から「真のてんかん」と認定されました。 脳腫瘍などというそこまでの話は出ず、今後も「てんかん」として様子をみることになりました。 

 

もっと激しい発作、2分以上続く発作、頻繁に起こるなどの異常に感じるときは急いでみてもらう必要があるそうですが、今回くらいのレベルなら状況や状態を記録して、その報告だけは必ずしてくださいとのことでした。

 

_IGP8339.jpg

 

脳への刺激があまりよくないようなので、テレビの音や照明の明かりに気をつけてみようと思います。

今のところ、再発していないのがなによりです。

(あまり楽しいお話ではありませんが、記録としてブログに残させてくださいね。)

 

+++

 

ちなみに血液検査の結果では、アルブミンの数値の低さを指摘されました。 高タンパク食を心掛けるようにとのことで、お肉増量です(^^) もともと食物アレルギーの為「療養食フード」に「お肉」トッピングしたのを食べさせているのですが。 あら?お肉入れてるのに変ですね〜。 療養食フードってタンパク質成分がかなり少なめだったりするのかしら? とりあえず「療養食フード」+「お肉多め」にして、こちらは1ヶ月後に再検査することになりました。

 

+++

 

Instagram

小梅パパのインスタだよ♪

 

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村

ポメラニアンブログランキングに参加しています♪

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
| 10:30 | 病院 | comments(11) | - |
アレルギー検査

_IGP7536.jpg

 

ふと昨夜、小梅が2010年9月に受けたアレルギー検査の結果が気になって、資料を出してみました。

こうやって見返してみると、今になって気づくこともありまして(記憶があやふや…)、 今後もまた忘れないためにそのまま画像に残しておくことにしました。

 

 

 

小梅が1歳になった頃、あまりにもご飯を食べないことを心配し、最終的に受けたアレルギー検査。

こんなにたくさんのアレルギーが発覚するなんて。(*や**のついてる項目が陽性または擬陽性です)

飼い主として知ることは大事、早めにアレルギー体質であることに気づけて本当によかったと思っています。

 

当時の記事→ 最近の小梅たん」 「アレルギー検査の結果

 

 

 

 

当時はきちんと読んで理解していなかったみたいです、わたし。

小梅が食べても大丈夫な療養食のドッグフード、なぜかずっと「ヒルズ・z/dウルトラ」「ロイヤルカナン・セレクトプロテイン」だけだと思い込んでいましたが、実は他にもいろいろあったみたいです(汗)

 


…ということで、本日の注文は「ヒルズ・z/d低アレルゲン」と「ヒルズ・d/d」にしてみました(^^)

味が少しでも違って、小梅に美味しく感じてもらえるといいな☆

 

ずっとお肉や野菜のスープをトッピングして食べさせていましたが、この頃はドッグフードだけでもガツガツと食べてくれています。 縁側での日向ぼっこのおかげで、水分補給もまめに自らできているので、尿結晶のほうも落ち着いていると思います。

 

1歳当時の小梅のお写真です♡

 

IMG_1246.jpg

 

お腹いっぱいにご飯を食べる事ができなくて、痩せてて小さかった小梅たん。

体力もなくて、目ヤニや涙ヤケもヒドかったのです。 

この頃の写真を見ていると、切ない気持ちになります。。。 

 

でも食べ物アレルギーに気をつけるようにしてから、全て快方に向かいました♪

体重も増えて、今では2.8kgだもんねっ ちょっと運動不足かなっ!!

さて、今日もお散歩1時間コース、元気に行って来よう〜☆

 

+++

 

ポメラニアンブログランキングに参加しています♪

 

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村

ポチっとありがとうございます<(_ _)>

 

+++

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
| 11:25 | 病院 | comments(0) | trackbacks(0) |
5種混合

_IGP7440.jpg

 

都内では桜が長く楽しめましたね!

先週の話。 駅から桜の木の下を散策しながら、小梅たんと向かったのは…

 

_IGP7446.jpg

「ガクガクっ☆ブルブルっ☆」

 

混合ワクチン接種のための病院。

 

いつ呼ばれるのか… まだかまだかとドキドキ待ってる小梅たんです。 

熱い視線の先は、もちろん診察室のドア。 わかってるんですね。

 

_IGP7447.jpg

 

でも小梅はとてもよいコで、注射されても無表情&無反応でがんばるんだ!!

この日も速やかにチックン済みました。

先生にも褒められました〜☆ 本当のところは、ビビりすぎて固まってるだけなのかもしれません(笑)

 

3月に受ける予定だったのが、あれよあれよと4月になってしまいました。 早いですね、過ぎるのが。

 

_IGP7476.jpg

(かわいいポメちゃんのポスターでした!)

 

次は狂犬病予防接種も控えてます。 このぶんだと(遅れて)来月になるかな。

 

 

+++

 

ポメラニアンブログランキングに参加しています♪

 

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村

ポチっとありがとうございます<(_ _)>

 

+++

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
| 12:53 | 病院 | comments(0) | trackbacks(0) |
のーしんとーでびっくりだべぇ〜

_IGP6233.jpg

 

このごろ病院ネタが多くなってきた・・・(汗)

困ったなぁ。

 

+++

 

小梅たんはリビングでフリーにしていると、何カ所かある寛ぎスペースでのんびりしてることが多い。一番のお気に入りは、ローテーブルの下。元々は、オモチャ置き場にしていたのですが、オモチャに紛れて潜り込んだりしていた(←激かわ♡)ので、小梅の空のベッドを置くようになりました。

 

この穴グラ感がたまらなく落ち着くのでしょう♪

 

_IGP6230.jpg

 

でもね、ここで悲劇は起こりました。

 

毎夜、隣りのばぁばのウォーキングに付き合ってるママなのですが、もちろん小梅はお留守番。この日も出掛ける時間になったので支度をしてると、穴グラで寝ていたはずの小梅が、「ゴゴぉン!」とものすごい音がしたかと思うと、ローテーブルの前で身体をバタバタさせながら突っ伏して倒れていました。

最初は出掛けちゃうママに対して犬でも地団駄踏むのか!と思ったりもしたのですが、あまりにも様子が変で、後ろ足が伸びきってるし…これは小梅の緊急事態!と気づくのにそう時間は要しませんでした。が、なんでこうなったのか、なにをどうしたらよいのか、全くわかんない。パパはまだ外出中(涙)とにかく小梅を落ち着かせよう、自分も落ち着けっ。上からそっと抱きしめるようにして、背をゆっくりさすり「大丈夫だよ、ママここにいるから。」と言い聞かせるのが精一杯。このまま意識がなくなってしまうのではないかと不安で不安で、時間がとてつもなく長く感じました。でも痙攣を起こしていたのはきっと1〜2分間くらい。正気に戻った直後に一度だけ嘔吐しました。

 

毒物? なに?? 小梅に一体なにが起こったんだー???

 

ちょうど帰宅したパパに状況を説明。

パパ的見解は、ローテーブルから出る時に頭を強く打って、脳震盪を起こしたのでは…ということでした。木の枠部分なのか、天板部分なのかはわかりませんが、たぶんぶつけたのでしょう。うん、きっとそうに違いない。

 

_IGP6540.jpg

 

木の枠はタオルで保護して、天板部分には薄いクッションシートを挟み込むことにしました。

寝る頃にはいつもの元気な様子に戻っていましたが、それでもまた失神してるんじゃないかと心配で、夜中に起きて様子を見たりして不安な夜を過ごしました。

 

+++

 

_IGP6541.jpg

 

翌日、念のために病院です。時間が経過してるのでなにもわからないかもしれないけど。

 

一通り身体のチェックをして、白血球(血小板?)などの確認のため血液検査。

現時点では特に異常なし。2〜3日は安静にすること、急変した場合の注意などを聞いて… とりあえず安心して帰ることができました。よかった〜

 

_IGP6551.jpg

 

先生も「脳震盪だったとしたら、ものすごい衝撃ですね」って。

異常がなかった今だから笑えるけども、自分で頭ぶつけてのびちゃうなんて、ほんとおっちょこちょいな話。

 

_IGP6552.jpg

 

ちなみに2013年に癲癇発作を起こしたこともあったので、それかなとも思ったのですが、それではなさそうです。(あのときはピーンと硬直したのに対して、今回は身体がぐにゃっとしていてビクビク痙攣を起こしていました。)

 

今はヒマさえあれば小梅をぎゅっと抱きしめ、そして逃げられ(笑)、でもとにかく無事でよかった〜と感じています(^^)

抱きしめてもビクビク痙攣してるあの感触は、もう二度と嫌ですからー。

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
| 20:15 | 病院 | comments(2) | trackbacks(0) |
今年最後の。

0L3A7672.jpg

 

29日、今年最後の整体をしてもらいに、病院へ行ってきました。 ここのところすこぶる調子がよくって、ママに向かって二本足で立ち上がることもしばしば。

 

0L3A7693.jpg

「がおがおー 投げてー」

 

元気でなによりじゃ。

 

0L3A7718.jpg

 

先生に診てもらったところ、「捻れもズレもなく、よい状態でしょう。ひとまず終わりでいいでしょう♪」だって! よかったね〜 小梅たん。 定期的に整体をしてもらって、丁寧に生活してきた甲斐ありました。 これからも油断せずに気を付けていこうと思いますっ

 

0L3A7663.jpg

 

後ろ脚の筋力をつけるための足湯歩行とやらを指導してもらいました。 家で小梅にうまくできるかわからないけど… がんばって続けてみようね(^^)

 

0L3A7770.jpg

 

いまのところお散歩は30分〜1時間。 一日一回、毎日行けてます! (←当たり前か・笑)

以前と変わったことは、朝ご飯の後、ひと休みしたいみたいなので、小梅が起き上がってくるまではお散歩に出掛けないようにしています。(起こして無理やり連れて行っても、あんまり歩いてくれない!) 小梅のペースに合わせる、これが一番いいのかもと感じています(^^)

 

0L3A7773.jpg

 

さてさて、早いもので今年も残すところあと少し。年内最後の更新となりました。

 

パパの写真を見にきてくれてありがとう。

旅行記を楽しみにしてくれてありがとう。

そしていつも優しいコメントありがとう。

 

我が家のアイドル・小梅との楽しく幸せな日々の記録を残しておきたくって始めたこのブログ、これからも変わらず続けていけたらなって思ってます。

 

喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただきます。どうぞよいお年をお過ごしください。

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
| 07:57 | 病院 | - | - |
ハンドセラピー(整体)通ってます

_IGP6340.jpg

(※画像は最近の元気な時。ネムネムとろりんなお顔してます!)

 

10月下旬だったかな… 歯の治療を受けた2週間後くらいのこと。 

小梅が立ち上がることができなくなってしまったことがありました。

ベッドから全く起き上がれないというかんじ。

食事を与えても食べる気配なし。

チッチもできないくらいで、もちろん歩行も無理。手で支えて立たせても、すぐヘナヘナヘナ〜っと丸まって動けなくなってしまいました。

 

かかりつけの獣医さんは、小梅からのコトバをしっかり理解してくれる本当に信頼できる先生。いつものようにあちこち身体に触れながら、小梅からのシグナルを察知、すぐに原因が判明しました。

 

_IGP6339.jpg

(※画像は最近の元気な時のものです!)

 

左後ろ足の膝が元々外れやすくなっていて、自力で戻しちゃうクセがありまして…

膝が内側に巻き込まれる。(痛みをかばうため?) →腰が捻れる。 →腰まわりの筋が痛む。 →腹膜が緊張し痛む。 →肩が凝る。 →首が捻れる… とかとか。(用語が覚えられなかったので自分流に簡単な話に置き換えちゃってます) つまり左後ろ足の痛みから始まり、気づかずに放っていたので、順番に上方へと痛みのスパイラルにハマってしまったと考えられるそうです。小梅が起き上がれないほどの痛みになって、ようやく飼い主が気づいたという今回。(もちろん、念のためにレントゲンも撮りましたが、骨などには異常なく、やっぱり他に考えられる要素もありませんでした)

 

そういえば、1週間前くらいから、またまたお散歩途中でフセしちゃうことが続いてましたっけ。妙にパパにくっついてることが多くなってましたっけ。 ←これらが小梅からの変調シグナル(コトバ)だったのでしょう。 

 

その場で1回目の施術してもらい、すぐに歩けるようになりました。帰りは小梅も足取り軽くお散歩して帰れました☆ お薬などは全く必要なくて、先生の手だけで治してしまうのが不思議かもしれませんが… 効果はめっちゃ感じています!!

今は2週間ごとに状態を診てもらうため、通っています。

 

_IGP6343.jpg

 

2回目の施術では、腰や腹膜の筋はとてもいい状態でしたが、首に捻れが残っていました。これにはなんとなく思い当たる事がありました。お散歩途中にリードがピンと張ることがよくあり、首輪にテンションがかかってしまうんです。車や自転車を避ける際とか、小梅が急に立ち止まったときとか。そんなときに痛めてしまうのかもしれません。しばらくハーネスに変えて様子みてみようと思います。(ただし、先生曰く、ハーネスの場合は肩が凝りやすくなるそうです、なるべく前足が動きやすいものを…とのことでした)

 

次は11月中旬に診てもらう予定で、2回目の施術から1週間経過した今のところ、とても順調で良さげな小梅です(^^)

 

そういえば今までにも何度か先生に「膝が外れやすくて、自力で戻しちゃうクセがある」って聞いていながら… 「パテラ」という言葉もブログなどでよく見かけていて知っていたのですが…

「膝=パテラ」だと思い及ばず。パテラにならないように注意しなきゃね!と思ってはいましたが、小梅がそのパテラだという自覚がパパにもママにも全くありませんでした(汗)

2013年の副じん帯の怪我での時点でパテラだったのでしょうね。

なんともマヌケなお話です(ノ◇≦。)  

 

 

【過去の関連する症状まとめ】

2013年3月、左後ろ足の副じん帯損傷。2ヶ月痛み止め薬服用、サークルで安静。

2014年4月、右腰・左肩(インナーマッスル)筋肉痛める。ハンドセラピー1回、週間消炎鎮痛剤服用。

2016年3月、腰捻挫。ハンドセラピー2回通院。

2016年6月、自転車転倒事故。 左目打撲、首捻挫。10日間ヒアルロン酸点眼。ハンドセラピー2回通院。 後に、左上前臼歯2番目、動揺あり。

2016年8月、背中真ん中あたりの筋を痛める。3日間消炎鎮痛剤。

2016年10月、腰、腹膜、肩、首痛める。 (←今、ココ)

 

※ちょこっと覚書き

元々の膝が悪いということから、ちょっとした動きがしにくくなっているのかも。お散歩中のリードショックのあと歩けなくなるのとか。6月の自転車転倒事故のときも受け身ができずにもろに顔面を打ってしまった…のとか。車や自転車、人を避けることも、とっさの動作も、小梅には難しいことなんだと理解し、早めに安全な場所へ促す or 抱き上げるなどで対処しようと思います。動作をアシストするためにも、今後は筋肉を鍛えることが必要となりそうです。

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
| 10:20 | 病院 | comments(4) | trackbacks(0) |
尿結晶(定期検査)の記録

_IGP6315.jpg

 

11月2日、定期的に受けてる尿検査しました。 

結果は、PH6.0 結晶マイナス。

問題なし!

 

_IGP6312.jpg

 

でもこれから乾燥する季節。 

水分摂取量が減る傾向にあるので、尿の回数や量を気にするようにして、体外への排出が足りてないことがないようにしなくちゃ!です。 順調なので、この体調を持続できますように〜☆

次の検査はまた半年後くらいの予定(^^)

 

【尿結晶検査記録】

2016年

11/02     PH 6.0      結晶 ー  良好!

03/13     PH 5.5      結晶 ー

01/22     PH 7.0      結晶 + (9.4/hpf400・シュウ酸Ca)  <2.5kg> 

===============

2015年

06/03  PH 7.0      結晶 + (1.6/hpf400・シュウ酸Ca)  <2.55kg> 

===============
2014年

08/30      PH 6.5      結晶 + (0.2/hpf400・シュウ酸Ca)  <2.5kg> 

03/05  PH 6.0  結晶 + (7/hpf400・シュウ酸Ca)  <2.5kg>


===============
2013年
06/19  PH 5.5  結晶 −   <2.5kg> 

===============
2012年
06/10  PH 7.0  結晶 −   <2.35kg>

===============
2011年
09/19  PH 6.5  結晶 −   <2.55kg>
07/01  PH 7.5  結晶 −   <2.36kg>
04/20  PH 7.5  結晶 − 
02/20  PH 6.0  結晶 ++ (6.2/hpf400・シュウ酸Ca)  
02/11  PH 7.0  結晶 ++ (10.2/hpf400・シュウ酸Ca)


===============
2010年
11/24  PH 6.0  結晶 − 
08/28  PH 5.5  結晶 ++ (14.8/hpf400・シュウ酸Ca)  <2.5kg> 
07/31  PH 6.0  結晶 +  (11.6/hpf400・シュウ酸Ca) 
07/25  PH 9.0  結晶 +++(37/hpf400・三燐酸・燐酸アンモニウムマグネシウム)  <2.4kg>
07/04  PH 6.5  結晶 +++(15/hpf400・シュウ酸Ca)  <2.5kg> ※血尿の症状あり

 

※PH正常値は、5.5〜7.5  

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
| 11:17 | 病院 | comments(0) | trackbacks(0) |
破折による歯の治療

_IGP6128.jpg

 

破折って?

 

ひゃーっ! 小梅たんの前臼歯(奥の大きいの)が折れてしまいました(汗)

いつも通りにアキレスをカミカミ… の後、ママが歯ブラシでお口を磨こうとすると、タラリ〜ンと鮮血が!!!

 

_IGP6107.jpg

 

神経(歯随)が出ちゃってる!!! (画像は、出血が収まってから撮りました)

痛がってる様子は見られなかったけど、これがもし人間だったら…と考えると、痛々しい。

 

ちなみに反対側の歯は…

 

_IGP6108.jpg

 

左右で比べるとかなりの大きさで欠けちゃってるのがわかったので、歯の欠片を探してみたところ、飲み込んでおらず、床に転がってました。

 

早急に処置する必要があると思い、翌朝いちばん、朝ご飯も抜いて、獣医さんに連れていきました。 案の定、処置(全身麻酔の手術になるので、後日)が必要とのことでした。 

抜随はせずに細菌感染してる部分を一部削って、セメント状のもので蓋して歯随を保護し、硬質レジンで表面を覆うそうです。 抜歯にならず、少し安堵しました。

ただ、レジンは汚れやすいのと欠けやすい、またすぐ取れちゃうかもしれませんとのこと。 (レジンがもし取れてしまっても全身麻酔してまで再処置する必要はないみたいなニュアンスに聞こえました。)

 

_IGP6113.jpg

 

翌々日の手術の予定で、それまで数日間は抗生剤をのませて過ごしました。

 

+++

 

この歯の破折、意外とよくあるんだそうです。

飼い主が早めに発見し、欠けも小さく、化膿が進んでいなれば、今回のように歯随を残して保護することができるようですね。

そして、アキレスが悪いわけではなく、噛み方、噛ませ方の問題なのだとか。

うちは噛ませてる時間が長かったのかな、ほんの少し。 ホンキ噛みになる手前で取り上げないと…ですね。 最近は小梅自身で適当に止めることもあったくらいなので、油断してました。

 

手術(処置)は、無事に終了。 

全身麻酔も問題なく、当日中に退院して家に連れて帰ることができました。 透明のレジンだったので、見た目は変わりません。 歯随の痕も透けて見えてるくらい。

全体のスケーリングもお願いしたので、小梅の歯はピカピカちゃんになって戻ってきました☆

 

+++

 

そしてひとつ、新たな心配事ができてしまいました。

全体的には歯周病の心配も今のところないそうですが、なぜか一本だけ(今回処置した歯のひとつ手前の歯)グラグラしてるそうです。 獣医さんの診断では外傷によるものの疑い。 「ぶつけてませんか? 今回は歯茎にお薬入れて様子見ますが、そのうちコチラ側で噛まなくなるかも。(←しっかり確認しなかったけど、抜けるってことかな?) 注意していてくださいね。」と。

その場では動揺してて思い出せなかったけど… 後から考えると、春の自転車転倒事故の際に打ってしまってたのかもしれません(涙)

 

あぁ、小梅たん、ごめんね。 

どうにかこのグラグラも落ち着いて収まりますように。

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
| 22:14 | 病院 | comments(2) | trackbacks(0) |

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

PROFILE

profilephoto

小梅はいくつになったかな?

CATEGORIES

ARCHIVES

MAIL

ブログ村

LINKS

MOBILE

qrcode

SEARCH

「わんこと旅行シリーズ」
目次ページです↓↓↓

「ブログ村ランキング」
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村

Instagram